FC2ブログ
2013.10.06 扉は、開くか

とうとう、今週となりました。

もはや来るならこいと。どういう結果であろうと、また新しい挑戦が始まるだけのことです。いや、もう既に始まっていますが。




さて、最後に、頭がおかしいのではないか思われかねない話を(´・ω・`)www


去年の夏、7月くらいのことです。


連日続く官庁訪問、迫り来る予備論文、そして、どんどん減り続ける貯金。
その時点で、今後は週5,6のペースでバイトをしないと、あと1,2ヶ月で生活できなくなる極限状況でした。

親にもいえない、友達にもバイト先にも予備校にも大学にも相談できない。


この世で生きていくということはこんなにも難しいことなのかと、心底思いました。


どうする?どうすればいい。どうすればこの状況を脱することができる?受かればいい、内定を貰えばいい、でもどっちもそう簡単にいくことではない。できるのか?留年した自分に。やるしかない。しかし・・・。


そんなボロボロの精神状態で、相談したのは、人間以外のものでした(←このあたりがヤバイですw)。



道端に生えてる草。こんなとこで普通に生えてて凄いなぁ。おまえは1年後も生えているかな。きっと生えているだろうな。刈られてもまた延びてくるんだろ?笑

空を流れる雲。どこからきたんだろう。どこに行くのかな。君が見てきた世界の話、是非聞きたい。

神社の妙なカエルの銅像。いつからそこにいるんだ?色んな歴史を見てきたんだろ。君は人間をバカにしているな?笑。無表情で居座って。俺のことも見下しているか?笑。それとも見守っているか。


まぁ、信じてもらえないでしょうが、本当に本当に本当にそんな感じだったんですw


でも、そのお陰で、極限状態だったけれども精神を保つことでき、精神崩壊することなく、無事に今も生きています。

人間の自己防衛本能だったのかもしれません。まぁそんなのはどうでもいいんです。
人間以外のものまで、助けて相談に乗ってくれたのは僕の中で事実なんですw


今でもよく散歩して、木々のざわめきを聴いたりしています。




受かれば、皆さんだけでなく、彼らにもお礼を言い、次に向けて頑張りたいです。
きっと無表情でしょうけど(´・ω・`)w


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chironyan.blog.fc2.com/tb.php/126-3f168c11