FC2ブログ
2012.07.07 再びどん底に
入念に対策をし、自信を持って挑んだ、官○訪○第三局面。



しかし、来週の第四局面への通過の連絡は来なかった。これで、僕の国家総合職試験が終わった。内々定は獲得できなかった。


もう一つの国家公務員の総合職試験の最終面接の結果の連絡も来ない。こちらも切られたのだろう。




面接、官○訪○、いずれも完全に舐めていた。面接なんか、人当たりの良さ・コミュ力で決まる、対策何か無意味さ!と、何も考えてなかったこと、情報収集を怠ったこと、バイトの面接感覚だったことを完全に見透かされたのだろう。僕が面接対策について本格的に力を入れ始めたのは、終盤になってからだった。




結局は、驕り、慢心、という従来からの自分の弱点に負けた。留年した時から、結局何も成長していなかった。



大きなチャンスをいくつももらっておきながら、それを生かせなかった。そのことが情けねぇ。最後の最後での詰めが甘いこと、本当に自分が情けない。





他の公務員試験の1次合格通知が色々来ていて、まだまだ公務員試験は続く。だけど、少し公務員試験に燃え尽きてしまった感じはある。




不貞腐れていても仕方がない。気持ちの切り替えができなければ、他のチャンスも棒に振ることになる。






思えば、予備論文試験まであと1週間しかない。もっとも、辰巳の答練で1桁順位をとれていた頃の力や勢いは、今やない。この1週間は予備試験に集中して、少しでも力を戻して、本番をむかえることになる。



やるべきこととしては、


・判例百選の見直し
・答練、自主ゼミの答案の見直し
・今年の新司の問題を答案化し、受験新報の解答と照らし合わせて分析


と、こんなところだろう。




司法試験予備試験論文試験まで、あと7日。




しかし、しかし、この荒んだ状態で、国家公務員総合職試験より遥かに高い壁である予備論文試験という壁を、打ち破ることができるのだろうか。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chironyan.blog.fc2.com/tb.php/39-d0f0b5d0